ややこしい各社の割引名称のまとめ

得割?先割?ウルトラ先特?


国内の格安航空券を手に入れたい場合は何よりもまず早く購入することです。
これが一番の鉄則です。
(LCC会社を利用する場合を除き)
では旅行や出張の日程も決まり、各社のHPで格安航空券をチェックしてみると、『得割、先割、ウルトラ先特、』などの記載があると思います。
各会社ごとにそれぞれ独自の名称があるのとさらに国際線と国内線での名称が違うために何がなんだか序列もはっきりわかりづらいですね。
ここでは、一般的なJAL/ANAの割引名称についてまとめました。

JALの場合

国内線の場合
・75日前までに予約・・・ウルトラ先得(予約変更不可)
・55日前までに予約・・・スーパー先得(予約変更不可)
・45日前までに予約・・・先割割引タイプB(予約変更不可)
・28日前までに予約・・・先割割引タイプA(予約変更不可)
・21日前までに予約・・・特便割引21(予約変更不可)
ちなみに国際線の早割航空券を以前はJAL悟空と呼び販売していましたが、これは現在廃止となり、今はダイナミックセイバーという名称で国際線の正規割引チケットを販売しています。

ANAの場合

国内線の場合
・75日前までに予約・・・旅割75(予約変更不可)
・60日前までに予約・・・旅割60(予約変更不可)
・45日前までに予約・・・旅割45(予約変更不可)
・28日前までに予約・・・旅割28(予約変更不可)
・21日前までに予約・・・旅割21(予約変更不可)
ANAの方の国際線の割引名称はエコ割です。
早割タイプもバーゲンタイプのチケットも基本的に同じエコ割という名称で販売されています。
JALよりはANAのほうが名称に日付が入っているため分かりやすいですね。
JALのほうはウルトラやスーパーなど若干序列がわかりづらいので要注意です。
理想を言えば最大割引がきく75日前にチケットが予約できれば最高です。
しかしこれらの早割は予約の変更が不可なので75日前に確実に日程が決められるのならOKですが、なかなかそうは行きません。
ですから28日前までなら日程の決定も確実にできるので、基本的には1ヶ月前までには必ず買うと覚えておきましょう。

△PAGE TOP